インドネシア語【接頭辞 me-】を覚えよう Nomor.2

スポンサーリンク
何でな男の人
接頭辞が全然わからない人

接頭辞の【me-】ってなに?単語の意味はどう変わるの?全然わからないから詳しく教えてほし~い。

こちらの疑問に答えます。

 

インドネシア語ではこの接頭辞【me-】が、どの接頭辞よりも一番出てきます。

接頭辞【me-】をマスターすれば接頭辞の大半の部分は理解した

といっても過言ではないくらい出てくる頻度は高いです。

接頭辞は種類も限られていて全てに法則があります。それさえ覚えてしまえば簡単なので、大変なのは最初だけです。

さあ接頭辞を学んで行きましょう。

インドネシア語の接頭辞【me-】の意味を学ぶ

それではさっそく接頭辞【me-】について学んで行きます。

インドネシア語の接頭辞【me-】とは

【me-】のことは接頭辞と呼ばれ動詞や形容詞、名詞に付けて使われます。

接頭辞【me-】動詞は、単語の一番はじめの文字よりも前に必ず付き、他動詞に分類されることがほとんどです。

接頭辞はこの他にも【ber-】【pe-】【ter-】【ke-】など様々な種類が存在します。

丹下らん
丹下らん

他の接頭辞の事を学びたかったらここからチェックしてね!

インドネシア語【接頭辞 ber-】を覚えよう Nomor.1
皆さんは接頭辞の「ber-」ってご存知でしょうか?インドネシア語では接頭辞や接尾辞が多く出て来るのですが全てに法則があります。その中でも接頭辞の「ber-」はそんなに難しくはない部類です。そしてこちらの記事で学べば接頭辞の「ber-」を十分に理解することが出来ます。それではご覧ください。
インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-kan】を学ぼう
インドネシア語の接頭辞【me-】は勉強したからわかるんだけど、接尾辞【-kan】ってなんだ?この二つが付いてどういう意味の変化があるの?誰か~詳しく教えてくれ~!という人に向けて悩みを解決しています。細かい変化がありますのでしっかり覚えておきましょう。
インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】を学ぼう
あなたはインドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】を理解していますか?ではどういう意味の変化をするのでしょうか?。接頭辞【me-】と接尾辞【-i】の変化は実はそんなに難しくありません。こちらの記事でマスターできますので是非ご覧ください。
インドネシア語の接頭辞【memper-】についてあれこれ学ぼう
あなたはインドネシアの接頭辞【memper-】をご存知でしょうか?こちらには接尾辞の【-kan】や【-i】が付いたりします。接頭辞【me-】と何が違うんでしょうか?こちらの記事を読めば理解できるようになります。

インドネシア語の接頭辞【me-】の綴りの変化

接頭辞【me-】は単語に【me-】+【基語】と綴りの変化がなく付けられるものもあれば、単語の頭文字によって

・mem-
・men-
・meng-
・meny-
・menge-

に変化するものがあります。

接頭辞【me-】がそのままつく場合

基語の先頭の文字が【l、m、n、r、w、y、ng、ny】で始まる場合、接頭辞【me-】はそのままつきます。

lihat:見る⇒melihat:見る(me+lihat
nilai:価値⇒menilai:評価する(me+nilai

接頭辞【me-】が【mem-】と変化する場合

基語の先頭の文字が【b、f、p、v】で始まる場合、接頭辞【me-】は【mem-】に変化します。

なお【p】で始まる単語は【mem-】がつくことにより【p】が省略されます。

baca:読む⇒membaca:読む(mem+baca
beli:買う⇒membeli:買う(mem+beli
pilih:選ぶ⇒memilih:選ぶ(mem+pilih

接頭辞【me-】が【men-】と変化する場合

基語の先頭の文字が【c、d、j、t、z、sy】で始まる場合、接頭辞【me-】は【men-】に変化します。

なお【t】で始まる単語は【men-】がつくことにより【t】が省略されます。

cari:探す⇒mencari:探す(men+cari
dengar:聞く⇒mendengar:聞く(men+dengar
tulis:書く⇒menulis:書く(men+tulis

接頭辞【me-】が【meng-】と変化する場合

基語の先頭の文字が【a、i、u、e、o、g、h、k、kh】で始まる場合、接頭辞【me-】は【meng-】に変化します。

なお【k】で始まる単語は【meng-】がつくことにより【k】が省略されます。

erti:理解する⇒mengerti:理解する(meng+erti
angkut:運搬する⇒mengangkut:運搬する(meng+angkut
kirim:送る⇒mengirim:送る(meng+kirim

接頭辞【me-】が【meny-】と変化する場合

基語の先頭の文字が【s】で始まる場合、接頭辞【me-】は【meny-】に変化します。

なお【s】で始まる単語は【meny-】がつくことにより【s】が省略されます。

sambut:歓迎する⇒menyambut:歓迎する(meny+sambut

接頭辞【me-】が【menge-】と変化する場合

一音節で出来ている単語に接頭辞【me-】をつける場合、接頭辞【me-】は【menge-】に変化します。

cat:塗料⇒mengecat:塗装する(menge+cat

インドネシア語の接頭辞【me-】+動詞

基語が動詞の場合は接頭辞【me-】が付いても、単語の意味が変わりません。

【me-】をつけることによってよりフォーマルな言葉遣いになります。

cari:探す⇒mencari:探す
nyanyi:歌う⇒menyanyi:歌う

日常会話ではみんな接頭辞【me-】をつけないで話すわよ

インドネシア語の接頭辞【me-】+形容詞

形容詞に接頭辞【me-】を付けるとその形容詞の状態になるという意味になります。

besar:大きい⇒membesar:大きくなる

Anak saya sudah membesar.
(私の子供は成長しました

インドネシア語の接頭辞【me-】+名詞

名詞に接頭辞【me-】を付けると大きく分けて以下の5種類の意味になります。

接頭辞【me-】+名詞①:~を作る

surat:手紙⇒menyurat:手紙を書く

Saya menyurat kepada Kenta dengan temen saya.
(私は友達と一緒にケンタに手紙を書きます

接頭辞【me-】+名詞②:~として生きる、生活する

janda:未亡人⇒menjanda:未亡人として生きる

Keiko menjanda dari sekarang.
(ケイコはこれから未亡人として生きます

接頭辞【me-】+名詞③:~へ向かう

darat:陸⇒mendarat:着陸する

Pesawat dari Tokyo baru saja mendarat.
(東京からの飛行機が着陸したばかりです)

接頭辞【me-】+名詞④:~のようになる、~のようにする

jamur:かび、きのこ⇒menjamur:あふれかえる、急増する

Turis menjamur di Jepang.
(日本では観光客が急増しています

接頭辞【me-】+名詞⑤:(~と)鳴く

cicit:チッチ(鳴き声)⇒mencicit:チッチと鳴く

Burung itu mencicit.
(あの鳥がチッチと鳴きました

 

 

以上インドネシア語の接頭辞【me-】についてでした。

接頭辞【me-】の大変な所は綴りの変化だけなので、そこだけ覚えてしまえばあとは楽勝だと思います。

日常会話ではそこまでたくさん使われませんが、ビジネスのために勉強している方やインドネシア語検定を受ける方は、しっかり覚えておきましょう。

おしまい

 

単語の勉強はここから出来ます。

全て無料で学べますので、良かったら皆さんの勉強に役立ててください。

 

 

以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました