インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】を学ぼう

スポンサーリンク
はてなサラリーマン
接頭辞や接尾辞がわからない人

インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】ってなんだ?どういう意味の変化をするんだろう…?全然わからないや…誰か教えてくださ~い!

こちらの疑問に答えます。

 

接頭辞や接尾辞の関連記事

・インドネシア語【接頭辞 ber-】を覚えよう Nomor.1
・インドネシア語【接頭辞 me-】を覚えよう Nomor.2
・インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-kan】を学ぼう
・インドネシア語の接頭辞【memper-】についてあれこれ学ぼう

 

本日のラインナップ

・インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】『パターンは4つ』
・インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】『まとめ』

こちらの内容を詳しく記事にしています。

それではご覧ください。

インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】『パターンは4つ』

インドネシア語 接頭辞 me 接尾辞 i

インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】の間には

・動詞
・形容詞
・名詞

を入れることが出来ます。

そして派生語は他動詞になります。

自動詞・・・「を」+「動詞」の形にならない動詞
他動詞・・・「を」+「動詞」の形になる動詞

具体例)

【自動詞】
・「駅へ」+「行く」=自動詞
・「頭で」+「考える」=自動詞
・「外へ」+「出る」=自動詞
【他動詞】
・「お金を」+「稼ぐ」=他動詞
・「水を」+「飲む」=他動詞
・「ご飯を」+「食べる」=他動詞

ここまでは接頭辞【me-】と接尾辞【-kan】と同じです。

こちらでは

・接頭辞【me-】+自動詞+接尾辞【-i】
・接頭辞【me-】+他動詞+接尾辞【-i】
・接頭辞【me-】+形容詞+接尾辞【-i】
・接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】

これら4つのパターンを学ぶことができます。

それではそれぞれの変化について学んで行きましょう。

接頭辞【me-】+自動詞+接尾辞【-i】

インドネシア語の接頭辞【me-】+自動詞+接尾辞【-i】のパターンです。

接尾辞【-i】は場所や方向などを表す前置詞の意味を持ち

自動詞+前置詞

のパターンに置き換えることが出来ます。

・hadir(出席する)⇒menghadiri(~に出席する)

それでは例文を比較してみましょう。

例文)

Dia menghadiri pesta temannya.
↓自動詞+前置詞に置き換えると
Dia hadir ke pesta temannya.
(彼は友達のパーティーに出席しました

【単語の意味】
dia:彼、彼女
pesta:パーティー
temannya:彼の友達(「teman:友達」+「nya=dia:彼、彼女
」)
ke:~へ

このように接尾辞【-i】は

【場所や方向をさす前置詞】
・di
・ke
・dari
【人や抽象名詞の前に使う前置詞】
・pada
・dengan

などの置き換えとみなすことができます

接頭辞【me-】+他動詞+接尾辞【-i】

インドネシア語の接頭辞【me-】+他動詞+接尾辞【-i】のパターンです。

接尾辞【-i】は動作の反復を表し

・何度も~する
・念入りに~する

という意味を表します。

・pukul(叩く)⇒memukuli(何度も叩く)

それでは例文を比較してみましょう。

例文)

Dia memukuli pintu itu dengan tangannya.
(彼は手でドアを何度も叩きました

【単語の意味】
dia:彼、彼女
pintu:ドア
itu:それ
dengan:~で
tangannya:彼の手(「tangan:手」+「nya=dia:彼、彼女」)

接頭辞【me-】+形容詞+接尾辞【-i】

インドネシア語の接頭辞【me-】+形容詞+接尾辞【-i】についてです。

接尾辞【-i】は基語である形容詞を他動詞化させ

(形容詞の状態に)する

と他動詞化が起こります。

感情を表す形容詞の場合は

形容詞+kepada
形容詞+akan

の意味を表します。

それでは例文を比較してみましょう。

例文)

Gula melembuti daging.
(砂糖は肉を柔らかくします

Saya menyukai anak-anak.
形容詞+kepadaの形にすると
Saya suka kepada anak-anak.
(私は子供が好きです

Kalau merenggangkan badan ini menyamani tidur.
↓形容詞+akanの形にすると
Kalau merenggankan badan ini , tidur akan nyaman.
(このストレッチをしたら気持ちよく眠れます)

【単語の意味】
gula:砂糖
dagin:肉
anak-anak:子供(2回繰り返すことで複数形になる)
kalau:もし
merenggangkan badan:ストレッチ(「merenggangkan:伸びる」+「badan:体」)
tidur:眠る

接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】

続いてインドネシア語の接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】についてです。

この接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】は2つのパターンがあり

・(名詞)を与える
・(名詞)になる

これらの意味です。

それでは詳しく説明します。

パターン①

接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】の1つ目のパターンでは

(名詞)を与える

と他動詞化します。

こちらは

memberi+名詞+前置詞

の形に置き換えることが出来ます。

それでは例文を比較してみましょう。

例文)

Dia menyurati ibu dia.
↓memberi +名詞+前置詞に置き換えると
Dia memberi surat kepada ibu dia.
(彼は母に手紙を書きました

Aku membiayai sekolah untuk anak aku masuk ke universitas.
↓memberi +名詞+前置詞に置き換えると
Aku memberi biaya ke sekolah untuk anak aku masuk ke universitas.
(私は子供が大学に通うために学校に費用を払います

【単語の意味】
surat:手紙
ibu:母
biaya:費用
sekolah:学校
untuk:~のために
anak:子供
masuk:入る
ke:~へ
universitas:大学

パターン②

接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】の2つ目のパターンでは

~になる
~の役割になる
~の役目になる

という意味に変化するものもあります。

(名詞)になる

という意味を表します。

こちらは

menjadi(~になる)+名詞

の形に置き換えることが出来ます。

それでは例文を比較してみましょう。

例文)

Waktu umur saya dua puluh lima tahun , saya mengepalai bagian di perusahaan ini.
↓menjadi+名詞の形に置き換えると
Waktu umur saya dua puluh lima tahun , saya menjadi kepala bagian di perusahaan ini.
(私が25歳の時この会社で部長になりました

【単語の意味】
waktu:~の時、時間
umur:年齢
saya:私
dua:2
puluh:10の位の単位
lima:5
tahun:年
kepala bagian:部長(「kepala:頭」+「bagian:部分」)
di:~で、~に
perusahaan:会社
ini:これ

インドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】『まとめ』

インドネシア語 接頭辞 me 接尾辞 i

今回はインドネシア語の接頭辞【me-】と接尾辞【-i】について学びました。

 

最後におさらいです

・接頭辞【me-】+自動詞+接尾辞【-i】
『自動詞+前置詞のパターンに置き換えることが出来る
・接頭辞【me-】+他動詞+接尾辞【-i】
『何度も~する』『念入りに~するという意味を表す
・接頭辞【me-】+形容詞+接尾辞【-i】
(形容詞の状態に)すると他動詞化
感情で表す形容詞の場合『形容詞+kepada』『形容詞+akanの意味を表す
・接頭辞【me-】+名詞+接尾辞【-i】
パターン①:『(名詞)を与える』と他動詞化し『memberi+名詞+前置詞』の形に置き換えることが出来る
パターン②:『(名詞)になる』と他動詞化し『menjadi+名詞』の形に置き換えることが出来る

今日、学んだことですね。

 

接頭辞や接尾辞は、ゆっくり無理のないペースで覚えましょう。

余り詰め込み過ぎると頭パンクしてしまいますので、僕みたいに…

実はこちらの記事を書きながら頭を整理しているんですよ~w

アウトプットはホント大事です。

皆さんもガシガシとインドネシア語を使いまくって、いち早く上達しちゃいましょう。

おしまい

 

 

 

以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました