インドネシア語で「おいしい」とは?【6つの単語+3つの表現方法を】

スポンサーリンク
はてな女性サラリーマン
おいしいものが好きな人

インドネシア語でおいしいって単語は何て言うの?おいしいがあるなら不味いもあるのかな?インドネシア語の表現をだれか教えて~!

こちらの疑問に答えます。

 

Halo semuanya!Nama saya Jun.
(皆さんこんにちはJunです)

僕は約1年間インドネシア語を勉強して

一人でインドネシア旅行へ行けるレベル

まで到達できました。

 

 

本日のラインナップ

・インドネシア語でおいしい【6つの単語を紹介】
・インドネシア語でおいしい以外【3つの表現方法】
・まとめ:実際に使ってコミュニケーションをとろう

こちらの内容を詳しく記事にしています。

 

インドネシア語でおいしい【6つの単語を紹介】

インドネシア語 おいしい

インドネシア語でおいしいとは何て言うのでしょうか?

実際にいくつか表現方法があるので紹介していきます。

インドネシア語でおいしい【単語①】:enak

インドネシア語の単語でおいしいという表現の定番中の定番。

ド定番の言葉はこちら

enak(エナッ(ク))

※最後の「k」はほぼ発音しない。聞こえるか聞こえないかぐらいに発音する。

 

日常会話で一番良く聞く、そして良く使われている単語になります。

おいしくないと言いたい場合は【tidak:~ない(名詞以外を否定するときに用いる)】を使って

Tidak enak.(ティダッ(ク) エナッ(ク))

これで「おいしくありません」という表現になります。

 

そして

・enak sekali(エナッ(ク) スカリー)
・enak banget(エナッ(ク) バングッ(ト))

こちらの意味は

・enak sekali⇒とてもおいしいです
・enak banget⇒メッチャおいしい

【sekali】の方はより丁寧な言葉で【banget】の方は口語的で日常会話で良く使われます。

ただおいしいだけじゃなく

 

「メッチャおいしいね~これ!」

 

なんて言いたい時のためにこちらは覚えておきましょう。

正直インドネシア語でおいしいという言葉は、この【enak】さえ覚えておけばオッケーです。

 

以上、、、って…

これだけだとちょっと寂しいですよね?

 

その他にもたくさんあるので、もう少し「おいしい」という表現の言葉を紹介していきます。

インドネシア語でおいしい【単語②】:lezat

インドネシア語でおいしいという単語の2つ目です。

Lezat(レザッ(ト))

※最後の「t」はほとんど発音しない。聞こえるか聞こえないかぐらいに発音する。

こちらは日常会話ではほとんど聞きません。

少し硬いというか上品な感じの表現です。

テレビのCMで

 

「Ini lezat!(これはおいしい!)」

 

なんて言っているのを見ますね。

インドネシア語でおいしい【単語③】:gurih

インドネシア語でおいしいという単語の3つ目です。

gurih(グり)

※インドネシア語で「r」は全て巻き舌で発音。「り」という時は巻き舌で言いましょう。

こちらは単純においしいということだけでは無く、

旨味があっておいしい

という様な表現です。

スープの出汁を飲んで

 

「あ~ホタテの良い出汁が効いてて旨味が凄いね~」

 

のような単純に味がおいしいというよりも、味わい深いという表現で使われます。

インドネシア語でおいしい【単語④】:nikmat

インドネシア語でおいしいという単語の4つ目です。

nikmat(ニクマッ(ト))

※最後の「t」はほとんど発音しない。聞こえるか聞こえないかぐらいに発音する。

少しだけ上級になりますが、この「nikmat」に「接頭辞me-」と「接尾辞-i」が付くと

 

menikmati(味わう、享受する)

 

という意味になります。

インドネシア語でおいしい【単語⑤】:mantap

インドネシア語でおいしいという単語の5つ目です。

mantap(マンタッ(プ))

※最後の「p」はほとんど発音しない。聞こえるか聞こえないかぐらいに発音する。

こちらの単語の意味は非常に沢山あるのですが、

この場合の表現としては

・満足する
・品質が良い

といったとこでしょう。

インドネシア人が食べ物を食べた後に良く

 

「mantaaaap(マンタ~~ッ(プ)」

 

と言ってるのを良く耳にします。

 

「満足満足~!」

 

みたいな感じなんでしょうね。

 

 

皆さんもきっとお気付きでしょうが、さっきっから単語の最後の「k」「t」「p」はほとんど発音しない…など色々と出てきていますね。

こちらで発音のことを詳しく学べるので、気になる人はチェックしてみて下さい。

インドネシア語でおいしい【単語⑥】:sedap

インドネシア語でおいしいという単語の6つ目です。

sedap(スダッ(プ))

※「e」は「エ」と「ウ」の間の「曖昧なe」で発音。口をだら~んと半開きにして発音するのがコツ。
※最後の「p」はほとんど発音しない。聞こえるか聞こえないかぐらいに発音する。

 

日本語でもおいしいという表現は

・おいしい
・うまい
・うめ~
・美味
・味わい深い
・旨味を感じる
・おいしゅうございます

など、多くの表現があります。

インドネシア語でも同じようにたくさんの表現があるんですね。

 

今日学んだ言葉はどれも「おいしい」と言いたいのであれば正解なので、あなたのお好きな言葉を選んで使ってみてください。

インドネシア語でおいしい以外【3つの表現方法】

インドネシア語 おいしい

食べ物を食べた後に表現できる言葉は「おいしい」だけではなく、他にもたくさんあります。

続いてインドネシア語で、おいしい以外の表現を3つ紹介します。

①hebat(ヘバッ(ト))
②luar biasa(ルーアる ビアサ)
②gila(ギラ)

インドネシア語でおいしい以外の表現①:hebat

インドネシア語でおいしい以外の表現の1つ目は

hebat(ヘバッ(ト))⇒凄い

という意味です。

「凄いね!」

というときに使える言葉ですが、食べたものが想像を超えた味がしたときに

「Hebat!」

と使えそうです。

「えっ?何が凄いの?どうしたの?」

と会話が広がるのが想像できますね。

インドネシア語でおいしい以外の表現②:luar biasa

続いてインドネシア語でおいしい以外の表現の2つ目は

luar biasa(ルーアる ビアサ)⇒異常な、並外れた

という意味です。

・luar:外へ
・biasa:通常の、普通の

この2つの単語の意味です、こちらからも想像できますね。

 

「信じられない!」

 

といった表現に近いかもしれません。

インドネシア語でおいしい以外の表現②:gila

最後インドネシア語でおいしい以外の表現の3つ目は

gila(ギラ)⇒狂った、気違い、クレイジー

という意味です。

こちらは例えば辛い物を食べた時に、物凄く辛かったときに

「gila!」

そんなメチャクチャ辛い物をパクパク食べている人を見て

「gilaaaaaa!」

なんて言ったりします。

「ヤッバッ!」
「クレイジー!」

みたいな感じの表現です。

まとめ:実際に使ってコミュニケーションをとろう

インドネシア語 おいしい

今回はインドネシア語でおいしいという表現の【6つの単語】と、おいしい以外で【3つの表現方法】をまとめました。

最後におさらいです

・インドネシア語でおいしい【6つの単語を紹介】
①enak(エナッ(ク))
②lezat(レザッ(ト))
③gurih(グり)
④nikmat(ニクマッ(ト))
⑤mantap(マンタッ(プ))
⑥sedap(スダッ(プ))
・インドネシア語でおいしい以外【3つの表現方法】
①hebat(ヘバッ(ト))
②luar biasa(ルーアる ビアサ)
②gila(ギラ)

このようにインドネシア語で「おいしい」という表現はたくさん。

 

インドネシア語で「おいしいね~」って、インドネシア人とたくさんコミュニケーションをとれるように覚えておきましょうね。

 

おしまい

 

 

 

以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました