インドネシア語の前置詞【全部で32単語】シーン別にまとめてみました

スポンサーリンク
インドネシア語 前置詞3
あしね先生
あしね先生

よしっ!今日はインドネシア語の前置詞の授業だぞ~!

蛇かるた
蛇かるた

え、前置詞…???先生~!前置詞って何ですか~?全然わかりませ~~ん!

あしね先生
あしね先生

おぉそうかぁ…そうしたらまずはこの記事を見なさい。

前置詞のイメージ|使い方を憶えておくべき英語の前置詞24選

 

蛇かるた
蛇かるた

前置詞ってこういうことだったのかぁ…

あしね先生
あしね先生

前置詞のことが理解できたら本題に入るぞー!今日の授業内容はこれだーーー!!!!

・インドネシア語の前置詞32単語【シーン別】
・インドネシア語の前置詞32単語【まとめ】
あしね先生
あしね先生

よ~し!!それじゃあ始めるぞ~!!!

蛇かるた
蛇かるた

お願いしま~す!

インドネシア語の前置詞32単語【シーン別】

インドネシア語 前置詞

それではインドネシア語の前置詞を、シーン別で勉強して行きます。

前置詞①:場所
前置詞②:人
前置詞③:時や期間
前置詞④:色々な場面で

①~③に関しては数が少なく使用頻度も高いので、初めのうちに覚えておきましょう。

前置詞①:場所

インドネシア語で場所を表すときに使用する前置詞は

①ke:~へ
②di:~で、~に
③dari:~から
④dalam:~の中に

一つ一つ例文を紹介して行きます。

ke:~へ

インドネシア語の前置詞『ke』は、英語で言うと『to』の役割を持ちます。

Saya pergi ke Indonesia.
(私はインドネシア行きます)
saya:私
pergi:行く

di:~で、~に

インドネシア語の前置詞『di』は、英語で言うと『on』の役割を持ちます。

Saya tinggal di Jepang.
(私は日本住んでいます)
saya:私
tinggal:住む

dari:~から

インドネシア語の前置詞『dari』は、英語で言うと『from』の役割を持ちます。

Saya berasal dari Jepang.
(私は日本出身です)=
(私は日本から来ました)
saya:私
berasal:~の出身の、~に由来する

dalam:~の中に

インドネシア語の前置詞『dalam』は、英語で言うと『in』の役割を持ちます。

Anjing saya ada di dalam rumah saya.
(私の犬は家の中にいます)
anjing:犬
ada:ある、いる
rumah:家

前置詞②:人

続いてインドネシア語で人に対して使用する前置詞は

①kepada:~に、~へ
②pada:~に、~へ

それでは例文をご覧ください。

kepada/pada:~に、~へ

インドネシア語の前置詞『kepada/pada』は、どちらも同じ意味です。

Saya menulis surat kepada Ibu saya.
(私は母手紙を書きました)

※padaは物に対しても使用します

menulis:書く(「tulis:書く」に接頭辞の「me-」が付いた)
surat:手紙
ibu:母
丹下らん
丹下らん

接頭辞『me-』についてはこの記事で学べるよ!

前置詞③:時や期間

続いてインドネシア語で『時や期間の言葉』に使用する前置詞は

①pada:~に
②di:~で、~に
③selama:~の間、~間

それでは例文をご覧ください。

pada:~に

インドネシア語の前置詞『pada』は、英語で言うと『on/in』の役割を持ちます。

Aku selalu belajar bahasa Indonesia pada hari Jumat.
(私はいつも金曜日インドネシア語の勉強をします)
Saya sudah sarapan pada jam enam.
(私は6時朝食を食べました)
aku:私
selalu:いつも
belajar:勉強
bahasa Indonesia:インドネシア語(「bahasa:言語」+「Indonesia:インドネシア」)
hari Jumat:金曜日(「hari:日」+「Jumat:金曜」)
sudah:既に~した
sarapan:朝食
jam enam:6時(「jam:時、時間」+「enam:6」)
あしね先生
あしね先生

数字と時間のことはここから学べるからな~!

di:~で、~に

インドネシア語の前置詞『di』は、『年/月/曜日/日』などにも使用することもできます。

Saya akan pergi ke Indonesia di bulan Juni.
(私は6月にインドネシアへ行きます)
akan:~だろう
pergi:行く
ke:~へ(前置詞)
bulan Juni:6月(「bulan:月」+「Juni:6月」)
蛇かるた
蛇かるた

月や曜日、日付のことはここから学べるよ!

selama:~の間、~間

インドネシア語の前置詞『selama』は、期間について使用します。

Dia akan tinggal di Jepang selama lima hari.
(彼は5日間日本に滞在する予定です)
dia:彼、彼女
akan:~であろう

tinggal:住む、滞在する
di:~に、~で(前置詞)
lima hari:5日(「lima:5」+「hari:日」)

前置詞④:色々な場面で

こちらでは色々な場面で使用される、インドネシア語の主な前置詞を紹介します。

①untuk/buat/demi:~のために
②dengan:~で、~と一緒に
③sampai/hingga:~まで
④seperti/sebagaimana:~のように、~のような
⑤sebagai:~として
⑥bagi:~にとって
⑦antara:~の間
⑧sekitar:およそ、~の近辺
⑨tentang/mengenai:~について
⑩oleh:~によって
⑪selain:~の他に
⑫kecuali:~を除いて
⑬terhadap:~に対して
⑭sepanjang:~中、~に沿って
⑮melalui:~を通って、~を通じて
⑯menurut:~によると
⑰tanpa:~無しで
⑱per:~につき
⑲daripada:~より
⑳menjelang:~に向けて

それでは例文をご覧ください。

untuk/buat/demi:~のために

インドネシア語の前置詞『untuk/buat/demi』はどれも同じ意味です。

Saya bekerja untuk keluarga saya.
(私は家族のために働きます)
bekerja:働く
keluarga:家族

※『buat』は最も口語的で、日常会話で使われます。
※『demi』は歌の歌詞などで出てくることが多く、普段はあまり使いません。

dengan:~で、~と一緒に、~く

インドネシア語の前置詞『dengan』は、様々な意味がありこちらでは3つ紹介します。

一つ目は『~で』と手段を表す言葉に使用

Saya pergi ke Indonesia dengan pesawat.
(私は飛行機インドネシアへ行きました)
saya:私
pergi:行く
ke:~へ(前置詞)
pesawat:飛行機

二つ目は『~と一緒に』と人に使用

Saya pergi ke Indonesia dengan teman saya.
(私は友達インドネシアへ行きました)
teman:友達

三つ目は『~く』と動作を説明する言葉に使用

Jun bernyanyi lagu Indonesia dengan pintar.
(ジュンはインドネシアの歌を上手歌う)
Jun berbicara bahasa Indonesia dengan perlahan.
(ジュンはインドネシア語を優し(ゆっくり)話す)
bernyanyi:歌う(「接頭辞ber-」+「nyanyi:歌う」)
lagu:歌
pintar:賢い、上手い
berbicara:話す(「接頭辞ber-」+「bicara:話す」)
perlahan:ゆっくり
丹下らん
丹下らん

接頭辞「ber-」のことはここから学べま~す!

sampai/hingga:~まで

インドネシア語の前置詞『sampai/hingga』は、ほぼ同じ意味です。

Aku cinta padamu sampai/hingga mati.
(死ぬまであなたを愛します)
cinta:愛
padamu:あなたを(「pada:~へ、~に(前置詞)」+「mu=kamu:あなた」)
mati:死ぬ

seperti/sebagaimana:~のように、~のような

インドネシア語の前置詞『seperti/sebagaimana』は、ほぼ同じ意味です。

Dia berenang dengan cepat seperti/sebagaimana ikan.
(彼は魚のように速く泳ぎます)
dia:彼、彼女
berenang:泳ぐ
cepat:早い
ikan:魚

sebagai:~として

インドネシア語の前置詞『sebagai』です。

Ayah saya bekerja sebagai karyawan perusahaan.
(私の父は会社員として働いています)
ayah:父
bekerja:働く
karyawan perusahaan:会社員(「karyawan:従業員、職員」+「perusahaan:会社」)

bagi:~にとって

インドネシア語の前置詞『bagi』です。

Soal ini mudah sekali bagi saya.
(この問題は私にとって非常に簡単です)
soal:問題
ini:これ
mudah:簡単な
sekali:非常に

antara:~の間

インドネシア語の前置詞『antara』です。

Tidak ada cinta antara kita.
(私たちの間に愛はありません)
tidak:~ではない(名詞以外を否定する)
ada:ある、いる
cinta:愛
kita:私たち(話し相手を含む)
蛇かるた
蛇かるた

『saya』『aku』『kamu』『kami』『kita』などの人称代名詞のことはここから学んでね!

sekitar:およそ、~の近辺

インドネシア語の前置詞『sekitar』です。

Ada banyak orang sekitar taman Yoyogi.
(代々木公園の近辺にはたくさんの人がいます)
ada:ある、いる
banyak:多い、多く
orang:人
taman:公園

tentang/mengenai:~について

インドネシア語の前置詞『tentang/mengenai』は、ほとんど同じ意味です。

Setiap hari dia belajar tentang/mengenai masakan Jepang.
(彼は毎日日本料理について学んでいます)
setiap hari:毎日(「setiap:毎~」+「hari:日」)
dia:彼、彼女
belajar:勉強する
masakan:料理

oleh:~によって

インドネシア語の前置詞『oleh』です。

Negara ini dibuat oleh banyak orang.
(この国は多くの人によって作られました)
negara:国
dibuat:作られる
banyak:多い、多く
orang:人

selain:~の他に

インドネシア語の前置詞『selain』です。

Dia punya intan selain emas.
(彼は金の他にダイヤモンドを持っています)
punya:持っている
intan:ダイヤモンド
emas:金

kecuali:~を除いて

インドネシア語の前置詞『kecuali』です。

Semua orang adalah perempuan kecuali Takashi di kelas ini.
(このクラスではタカシを除く全員が女性です)
semua:全て
orang:人
adalah:~である
perempuan:女性
di:~で、~に
kelas:クラス
ini:これ

terhadap:~に対して

インドネシア語の前置詞『terhadap』です。

Negara dunia harus menanggulangi terhadap masalah lingkungan.
(世界の国々は環境問題に対して対処をしなければならない)
negara:国
dunia:世界
harus:~ねばならない
menanggulangi:対策する、対処する
masalah:問題
lingkungan:環境

sepanjang:~中、~に沿って

インドネシア語の前置詞『sepanjang』です。

Kemarin saya belajar bahasa Indonesia sepanjang malam.
(昨日は一晩インドネシア語を勉強しました)
kemarin:昨日
belajar:勉強する
bahasa Indonesia:インドネシア語

malam:夜

melalui:~を通って、~を通じて

インドネシア語の前置詞『melalui』です。

Saya bisa mengerti kepentingan bekerja sama mulalui kerja ini.
(この仕事を通じて協力する重要性が理解出来ました)
bisa:できる
mengerti:理解する
kepentingan:重要性(基語は「penting:重要な」)
bekerja sama:協力する、共に働く
kerja:仕事
ini:これ

menurut:~によると

インドネシア語の前置詞『menurut』です。

Nasi goreng Ibu saya lebih enak daripada restoran menurut ayah saya.
(父によると母のナシゴレンはレストランよりも美味しい)
nasi goreng:ナシゴレン(インドネシア料理でチャーハンのようなもの)
ibu:母
lebih:~以上に、超過した
enak:おいしい
daripada:~より(前置詞)
restoran:レストラン
ayah:父

tanpa:~無しで

インドネシア語の前置詞『tanpa』です。

Aku tidak bisa apa pun tanpa dirimu.
(あなた無しでは何もできない)
aku:私
tidak:~ではない(名詞以外を否定する)
bisa:できる
apa pun:何も(「apa:何」+「pun:~も」)
dirimu:あなた自身(「diri:自身」+「mu=kamu:あなた」)

per:~につき

インドネシア語の前置詞『per』です。

Harganya per potong sepuluh ribu rupiah.
(値段は一切れにつき1万ルピア(約80円)です)
harganya:その値段、その価格(「harga:価格、値段」+「nya=itu:それ」)
potong:~切れ
sepuluh:10
ribu:千
rupiah:ルピア(インドネシアの通貨)

daripada:~より

インドネシア語の前置詞『daripada』です。

Saya lebih suka merah daripada biru.
(私は青より赤の方が好きです)
lebih:~以上に、超過した
suka:好き
merah:赤
biru:青

menjelang:~に向けて

インドネシア語の前置詞『menjelang』です。

Dia belajar keras menjelang ujian sekolah.
(彼は学校の試験に向けて一生懸命勉強しました)
belajar:勉強する
keras:懸命に、硬い
ujian:試験
sekolah:学校

インドネシア語の前置詞32単語【まとめ】

インドネシア語 前置詞3

今回はインドネシア語の前置詞を学びました。

最後におさらいです

・インドネシア語の前置詞【シーン別】
前置詞①:場所
①ke:~へ

②di:~で、~に
③dari:~から
④dalam:~の中に
前置詞②:人
⑤kepada:~に、~へ

⑥pada:~に、~へ
前置詞③:時や期間
⑦pada:~に

⑧di:~で、~に
⑨selama:~の間、~間
前置詞④:色々な場面で
⑩untuk/buat/demi:~のために

⑪dengan:~で、~と一緒に
⑫sampai/hingga:~まで
⑬seperti/sebagaimana:~のように、~のような
⑭sebagai:~として
⑮bagi:~にとって
⑯antara:~の間
⑰sekitar:およそ、~の近辺
⑱tentang/mengenai:~について
⑲oleh:~によって
⑳selain:~の他に
㉑kecuali:~を除いて
㉒terhadap:~に対して
㉓sepanjang:~中、~に沿って
㉔melalui:~を通って、~を通じて
㉕menurut:~によると
㉖tanpa:~無しで
㉗per:~につき
㉘daripada:~より
㉙menjelang:~に向けて

前置詞って意外とよく出てくるので、知らないと文章の理解度に大きく影響します。

でも安心してください。

今日学んだ言葉を全て覚えれば『初級者~中級者』の前置詞はバッチリです。

そこまで多いものではありませんので、今のうちに覚えてしまいましょう。

そして前置詞を学んだら、同じぐらい大事な接続詞も覚えた方が良いですね。

接続詞の勉強はインドネシア語の接続詞を【全36単語】使用頻度順にまとめてみましたこちらからできます。

 

Semangat ya!
(頑張ってくださいね)

おしまい

 

 

以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました